FC2ブログ

【第一話祭り】その1







俺の名前は道明寺遥(はるか)
女みたいな名前だけど、男だ。
歳は17、英徳学園高等部2年に在籍している。

父親は道明寺司、41歳。
母親は道明寺礼子、38歳。

兄弟はなし。
昔、親父に弟が欲しいとねだったことがある。
が、断られた。


「ガキと遊びたきゃ学校の後輩でも呼べ!」


だとさ。

親父がダメならお袋に言おうかと思ったが、お袋はいつも自分の部屋に閉じこもってて、俺を中に入れてくれなかった。
外出するときだけ出てくる。
一度、その隙を狙って廊下で走り寄って抱きついたことがあった。
そしたらなんのリアクションもなく、ただ見下ろされた。
冷たい目だった。
子供心になんて暗い瞳だろうと思った。
その無機質なまでの美貌から発せられる凍てついた視線に、震え上がった。

そのうちに使用人が飛んできて、ひっぺがされた。
そしてお袋付きの侍女に叱られた。


「遥様、奥様は体がお弱いのです。驚かせたり、ましてや抱きつくなどもってのほかです。今後、奥様の部屋には近づかないでください。」


なんで自分の母親に近づいちゃいけないのか。
まだ7歳の俺にはわからなかった。

が、だんだんとわかってきたのは、どうやらお袋は俺を嫌ってるらしいということ。
物心ついた時から抱きしめてもらった覚えも、一緒に食事をした覚えもない。
会話でさえ、片手で足りるほどしか交わしたことがない。

最初は辛かった。
母親の愛を求めてた。
なんとか気に入られようと頑張ったこともあった。
でも何をしても無駄だった。
中学に入る前にはそれに気がついて、もう諦めた。

そしたらある時言われたんだ。
あれは俺の15歳のバースデーパーティーだったか。
社交辞令のように「おめでとう」と言われて俺も事務的に「ありがとう、お母さん」と返事をした時だった。


「…お母さんなんて呼ばないで。」

「え?」


一瞬、聞き間違えかと思って逸らしていた視線を彼女に向けた。
7歳の時に見た冷たい瞳と目が合った。
お袋の隣には親父が立っていて、腕に乗せられたお袋の手をギュッと掴んでた。
その目が見たことのない悲哀に満ちた目だった。
親父の反応にお袋は言葉を変えた。


「…遥さんももう青年ね。これからは対等な大人としてお付き合いしましょう。私のことは礼子さんとお呼びなさい。」


と、取り繕うかのような言葉だったが、その目は変わらず冷たかった。
その顔を見たとき、俺は唐突に気づいた。
この女は俺の母親じゃない。
俺の本当の母親は別にいるんだって。

その時湧き上がった感情は喜びだった。
母親に愛されない悲しみは消え去り、もう1人の、まだ見ぬ母への思慕が生まれた。
でも同時に、なぜここにいないのか、その事を思うようになった。

お袋とは対照的に親父は俺を可愛がってくれた。
子供の頃、俺を寝かしつけてくれるのは使用人か親父だったし、たまのオフは必ず俺と過ごしてくれた。
親父の運転で出かけたり、いきなり一週間のバケーションが取れたと言っては学校を休ませて海外に連れて行ってくれたり。
目立つ親父といると女も男も関係なく人が寄ってくるのが面倒だったし、どこでも必ず数人のSPに囲まれなきゃならなくて煩わしかったけど、でも嬉しかった。
お袋があんなだけど、親父が愛情を注いでくれたおかげで俺は道を踏み外さずに済んだんだと思う。


今朝も俺はバスルームでシャワーを浴びながら鏡の中の自分を覗きこみ、髪をかきあげた。
俺の背格好は親父に似てる。
身長はもうすぐ追いつくし、手足の長さも同じくらいだ。
ただ俺の方が若干、華奢なくらい。
でも顔が似てると言われたことはない。
決定的に違うあるパーツのせいだと思う。
髪と目だ。
俺の髪はストレートだ。
親父みたいに巻いてない。
昔、一緒に風呂に入ってた頃は、濡れてストレートになった親父と並んで鏡に映って「同じだね」なんて言ったこともあったけど、俺の髪は乾いてもストレートのまま。
そして目は昔からクリクリとしてよく女と間違えられた。
17になった今でも「女みたいな美貌だな」って友達にからかわれる。
そのせいで親父ほどの圧倒的オーラを纏った男前じゃなく、繊細な顔立ちで、捨て犬みたいに母性本能をくすぐるタイプだ。

でも親父は俺のこの目がお気に入りなんだ。


「遥、俺を見ろ。」


俺を抱き上げるたびにそう言って俺の目を覗き込んだっけ。
そう…きっとそうだ。
この目は母親譲りなんだ。
俺を産んだ女と同じ目なんだ。

親父は俺を産んだ女を愛してたんだろう。
だから俺を可愛がった。
じゃあなぜ、彼女はここにいないんだ。
俺と親父のそばにいないんだ。

道明寺遥、17歳。
母親を探し出してやる。








にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2019.05.01
コメント記入欄

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2020.04.25(Sat) 11:52:26 | | EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2020.04.25(Sat) 13:45:00 | | EDIT

衝撃的なスタート。
先が気になります。うーーん、つくしちゃんどこいった?

カオカオ | 2020.04.25(Sat) 13:58:00 | URL | EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2020.04.25(Sat) 18:58:52 | | EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2020.04.26(Sun) 19:27:16 | | EDIT

Re: タイトルなし

みー 様

コメントをありがとうございます!
でしょ、でしょ!妄想が広がるでしょ!
でもみー様が読んだことのない展開だと思います。

みー様もどうかご自愛ください。

nona | 2020.04.28(Tue) 00:44:59 | URL | EDIT

Re: タイトルなし

スリーシスターズ 様

コメント、ありがとうございます!
「夫婦恋愛」「賢者の贈り物」どれも気に入っていただけて嬉しいです。
あの古着でマスクはいかにもつくしらしいでしょ?そしてそれに嫉妬する司も・・・ツボです。

「I am」ですが、色々な意味でスリーシスターズ様の予想を裏切る作品です。
皆様が読んだことのない作品をお届けしたいです。

nona | 2020.04.28(Tue) 01:18:30 | URL | EDIT

Re: タイトルなし

カオカオ 様

コメント、ありがとうございます!
つかつく主義の読者様には辛い書き出しになってしまいましたね。
つくしはどこへ行ったのか。
母を尋ねて三千里の遥の旅が始まります。

nona | 2020.04.28(Tue) 01:24:38 | URL | EDIT

Re: タイトルなし

tom 様

コメント、ありがとうございます!
そうですね、一話で早くもそれを匂わせて、そこからのつくし探しですね。
遥と共に捜索の旅を楽しんでいただける作品だと思います。
でも、司とつくしの深い愛だけはお約束します。

nona | 2020.04.28(Tue) 01:31:08 | URL | EDIT

Re: タイトルなし

うかちゃん 様

コメント、ありがとうございます!
でしょー!
お届けするにはまだまだ時間がかかりますが、必ず楽しんでいただけるように頑張ります^^

nona | 2020.04.28(Tue) 01:54:32 | URL | EDIT

お元気ですか?

nona様、お元気ですか?お休みされてる間過去作をせっせと読ませていただいてます。今は1作目祭りにたどり着き、次回はどれになるかなと考えてました。ひとつだけ、とても困ってることが…。裏にたどり着けません。スマホで読ませていただくことが多いんですが、パソコンとどちらが見つけやすいでしょうか?皆さん見つけられてるんでしょうね。😟できればもう少しヒントいただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします🙇‍♀️⤵️

みっきーまま | 2020.06.07(Sun) 05:48:41 | URL | EDIT

Re: お元気ですか?

みっきーまま 様

ご無沙汰しております。
「夫婦恋愛」の続きをお待たせしてしまって申し訳ありません。
鋭意、執筆中ですのでまだしばらくお待ち下さい。

さて、お問い合わせの件ですが、記事にもあるように分かりやすい場所にある記事に潜んでおります。
初めて当ブログを訪れてくださった方は見つけやすいかもしれませんね。
スマホでもPCでもそこをクリックするだけなので、入りやすさは同じです。
ただ、その先はパスワードを解読していただく必要はありますが。

初心に戻って探していただけるとすぐに見つかると思いますよ^^
よろしくお願いします!

nona | 2020.06.07(Sun) 21:40:25 | URL | EDIT