FC2ブログ



    ゴォォォ————

ビュオォォォ—————

     ビュオォォォォォォ——————

  ビュォォォォォォォ—————



「牧野————!!!」

     「牧野——————!どこだ————!!!」






        「くっそぉぉ————!!!!」




*****



道明寺家、カナダの別荘で遭難したつくしは見つからなかった。
翌朝、捜索隊が編成されたが、つくしの手がかりは何もなかった。
その後、近くの監視小屋から女性用の靴だけが見つかった。
それはつくしの靴だった。
ただ、あの吹雪の中でつくしが自力で監視小屋までたどり着いた可能性は低く、謎だけが残った。
春になり、雪が溶け、夏になってもつくしは見つからず、秋には葬式がひっそりと執り行われた。

つくしを貶めた浅井百合子、鮎原エリカ、山野美奈子への報復は一族末端に至るまで徹底的に行われた。

司はその場で制裁を加えることはせず、帰国後、まずは3人に赤札を貼った。
確実に登校させるため、朝はF4自ら迎えに行き、3人の家族は我が娘がF4に見初められたと勘違いし、快く送り出した。
実際は、つくしの時以上に学園を上げてのいじめが繰り広げられ、3人は身も心も無残に引き裂かれた。
4日目に3人が入院すると、今度は一族郎党への報復が始まった。
3人それぞれの企業は道明寺、花沢、美作から取引停止を言い渡され、西門流に入門していた3人の遠近縁者は悉く破門となった。
これは日本の経済界と社交界からの追放を意味していた。
一家は地獄の底に叩き落とされ、社会の最底辺まで没落した。







それから9年。
司はNYにいた。







にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



2018.10.29
コメント記入欄

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2018.10.29(Mon) 17:29:00 | | EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2018.10.29(Mon) 19:32:15 | | EDIT