FC2ブログ

【再結晶】
合成または抽出などによって得られた粗結晶(純度の低い結晶)をより良質で不純物の少ない結晶へと成長させるための操作








さっきからあたしは、たっぷり10分はこうしてると思う。
ここは我が家のトイレの中。
手には妊娠検査薬。
何度も説明書と照らし合わせてるけど、結果は変わらない。

妊娠してる。

いや、待て。
妊娠反応が出てると表現するのが正しい。

道明寺と暮らし始めて4ヶ月。
心当たりは大アリなんだから、今更、動揺するのは筋違いなんだけど・・・

とりあえず、病院行こう。



********



はぁぁ〜、わかってたけど、2ヶ月だって。
道明寺にいつ言おう。

今夜、帰ってきたらサラッと?
それとも、二人でどこかへでかけて改まって?

心配なのは子供達。
特に清佳(さやか)は5年生の11歳。
思春期の入り口で、最近ちょっと難しくなってきた。
この家庭環境だけでも特殊なのに、ママが同じ屋根の下で恋人と同棲してて妊娠・・・

決めた。
最初に清佳に話そう。





コンコン
カチャ…


「清佳? ちょっといい?」


自室で宿題をしてる清佳が振り向いた。


「ママ、なに? どしたの?」


清佳は順に似てる。
女の子は父親に似ると幸せになるって言うけど、順の涼やかな目元を受け継いで、キリッとした美人さんだ。
だけど性格は悠介に似てる。
穏やかで気配りのできる優しい女の子。


「うん、あのさ、勉強中にごめんね。」

「いいよ。お手伝い?」

「あ、ううん、そうじゃなくて清佳と話したいことがあって。」

「うん、なに?」

「こっちに来て。」


あたしたちは清佳のベッドに並んで腰掛けた。


「大事な話なの。いい?」

「うん。」

「あのね、あの、、」


ど、どこから話せばいいんだっけ?


「ママね、赤ちゃんができたの。」

「えっ!」


清佳が目を見開いてる。
無理もないよね。


「え、でもママ結婚してないよね?」


あー、はい。
してません。


「結婚しなくても赤ちゃんてできるの?」


娘に順序を諭される母親。面目ない。


「うん、それでね、赤ちゃんができてもママはこれからもずっと清佳のママだから、その、応援してくれるかな?」


言ってて無茶苦茶だって気がしてきた。


「結婚するの? 道明寺さんと?」

「んー、どうかなぁ。まだ言ってないけど、そうなるかも。」

「じゃ、この家は出ていくの?」


清佳の顔が曇って、手入れしなくても整ってる眉が下がった。


「行かない! 行かない! 悲しくさせちゃったね。ごめんね。」


清佳を抱き寄せた。
まだ11歳の子供なのに、ひどいママだね。ごめんね。


「だったら、いいよ。応援するよ。」

「ありがとう〜〜」


抱きしめる腕に力が入る。
清佳の頭にキスをする。
愛しい愛しい女の子。


「・・・妹欲しい。」

「プッ、そうだね。妹だったらいいね。」


道明寺には今夜、帰ってきたら話そ。



********



オフィスで着替えて、車に乗り込み、1時間強かかって帰宅する。
都心に住めばもっと時間短縮になるが、俺の家は牧野だ。
牧野自身が俺の帰る場所だ。
だったら、1時間だろうが、2時間だろうが関係ない。
あいつのとこに帰れるなら、そんなもんは苦でもない。


車から降りると秋風が心地いい。
マンションに入り、持たされている鍵をかざして解鍵する。

室内はいつも通りに静まり返っているが、いつもは廊下だけの明かりが今日はリビングにもついている。
まだ誰か起きてんのか。

0時は過ぎてる。
リビングに入ると、半袖のパジャマ姿でソファに座り、雑誌を読んでいたのは牧野だった。


「おかえり」


牧野は俺がドアを開ける音に気づいて振り向いた。


「おう、ただいま。起きてんの珍しいな。」

「…ああ、うん。」


………なんだ?
いま一瞬、緊張が走ったか?


「お風呂、沸かしといたから入っておいでよ。」


俺の中の警報音が鳴る。


「なんかあったのか?」

「え?…うん、話があるから、とりあえずお風呂入ってきなよ。」


ドクンッ


“ 話があるの ”


雨の日にその言葉から始まった話は、俺を絶望のどん底に突き落とした。
でもその後、同じく“ 話がある ” と屋上に呼び出された時は付き合うことになった。

どっちだ?
天国か地獄か
今日はどっちだ。






バスに浸かって考える。

牧野を思い出したのは唐突だった。
女を連れて5番街のジュエリーブティックに入ろうとした時だ。
日本人観光客とすれ違った。
若い女の二人組で、一人は真っ直ぐな黒髪だった。
その女が隣の友人に言ったんだ。

「あんた」って。
その瞬間、体が動きを止めた。
全身が停止した。
頭の中で17年が巻き戻され、その先に牧野がいた。


“ もういい…あんたはもうあたしが好きだった道明寺じゃない。 ”


最後に会った時のその言葉の意味がやっと理解できて、急速に血の気が引くのがはっきりとわかった。

そのまま何かを喚く女を残し、俺は空港へ向かった。
日本に帰るために。
牧野の下へ還るために。
それをSPに止められて、我に返った。

我に返ったら17年の重みと隔たりが一気に襲いかかった。
17年…17年…17年…
なんて長い年月だ。
人生は短いのに、その中の17年間も牧野のそばを離れて生きてた。

手に入れてたのに。
俺のものだったのに。

悔しいなんてもんじゃなかった。
記憶を無くした時より荒れた。
俺を刺した奴もその原因を作ったあのクソ親二人も殺してやりたかった。
でも殺せば牧野に会えない。
俺は俺から17年間も人生を奪っていた二人に宣言した。
俺は永久に日本に帰る、二度とNYには戻らない、と。
そしたらあの女が言ったんだ。


「17年前、牧野さんと1年の猶予を約束しましたが、まだ履行されていません。ですから1年はあなたの自由にしなさい。」


この期に及んで上から物を言う女に心底、嫌悪を覚えたが、俺は何も言わずにオフィスを出て、秘書に1ヶ月後の日本支社長就任を伝え、身辺整理に入った。

牧野が切った男は3人だったが、俺はその比じゃない。
常時キープしてた女は両手じゃ足りなかった。
自分が何を考えてこれだけの女と関係を持ってたのか、今となってはもう理解不能だ。

やっと日本に帰ってきて、翌日には牧野に会うために駅で張ってた。
牧野のことは必要最低限だけを調べた。
生死と利用する駅と時間。
ただそれだけ。
あいつの今の状況は書類じゃなく、この目で見たかったから。

許してもらえるとは思ってなかった。
受け入れてもらえるとも思ってなかった。
何年もかかると覚悟してたし、それでも同じ街で生きていけるならいいと思ってた。

なのに、再会した牧野は拍子抜けするほど穏やかで、17年前と変わらない顔で幸せそうに笑ってた。
結局、あいつのお人好しにつけ込んで再会初日にあいつを手に入れ、そのまま居着いたんだ。
あいつの本心を見ないようにしてた。
顔は笑ってても、心の中はわからない。

だって17年だぞ。
俺が苦しんだのはたった1ヶ月。
その数百倍の時間をあいつは過ごしてたんだ。


今夜なのだろうか。
もう限界なのだろうか。
やっぱり出て行けと言われるのだろうか。


刑執行のその時を少しでも遅らせようと足掻いたが、いつまでもバスルームに篭ってるわけにもいかない。
俺は長い風呂を終え、引かない汗に上半身は裸のままリビングに戻った。










にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2019.04.10




牧野はまだ起きていた。
俺は優に40分はバスルームに入ってた。
すっかりのぼせた。


「随分、長かったね。のぼせなかった?」

「のぼせた。あちぃ」


牧野は冷蔵庫から取り出したミネラルウォーターを俺に手渡し、リビングのシェルフから団扇を出してきて立ったままソファに座る俺を扇ぎ出した。


「お風呂入ったばっかりなのに、もう汗かいてるよ。」


牧野が俺の首にかかったタオルで俺の額を押さえた。
その顔に翳は見えない。
俺は意を決した。


「で、話ってなんだ?」


何を言われてもお前から離れない。


「ああ、うん。」


牧野は一人分のスペースを空けて俺の右側に座った。
団扇を持った手は動かしたままだ。
表情は硬い。
俺も思わず強張る。


「あー、あのさ、まあ、こうなることは予想してたっていうか、あたしも成り行き任せって感じで受け入れてたんだけど、でも、それが現実になるとその、なんていうか、戸惑うっていうか、」


歯切れが悪い。
視線は団扇を持つ自分の手元に注がれている。

お前は優しいからな。
別れ話もなかなかすんなり口から出てこないか。


「別れたいのか?」

「へ?」


牧野が顔を上げた。


「やっぱり受け入れられないって言うんだろ? 俺に出て行けって?」

「いや、ちょっ」


俺は腰を上げ、牧野の前に立って見下ろした。
牧野が俺の影に入る。
そのまま牧野を挟んで背もたれに手をついて、被さって鼻先を近づけた。


「でもな、なんと言われようが、何が起ころうが、俺はもう絶対にお前を離さないし、離れない。お前がどんなに足掻いても、もがいても絶対に、だ。俺に対して言いたいことがあれば何でも聞く。17年分の怒りを受け止める。だが、それでも俺は別れない。」


牧野の目をしっかりと見ながら、俺の想いが1ミリでも伝わってくれと願う。

牧野は瞬きも忘れて俺を見てた。
と思ったら、首を伸ばして俺に軽く触れるキスをした。


「クスッ、相変わらず、思い込み激しいよね。」


今度は俺が瞬きを忘れる番だった。


「愛してる。」

「…え?」

「道明寺を愛してる。帰ってきてくれてありがとう。あたしに赤ちゃんを授けてくれてありがとう。」

「赤ちゃん…?」

「ん。妊娠したよ。」

「妊娠…?」

「狙ってたんでしょ? 避妊したことなかったし、あたしもしてないし。」


牧野の瞳に映る俺は、その瞳に溢れる、母親だけが持つ優しい光に包まれていた。


「子供が…? 俺たちの?」

「そうだよ。」

「産まれるのか?」

「そうだよ。」

「俺は父親か…?」

「プッ、そうだよ! あはは」


俺は笑いたいような泣きたいような、どうしたらいいのかわからない感情に襲われた。
その感情のまま、牧野を抱きしめた。
強く、強く、いっそこのままひとつに混ざり合えと願うほど強く。
想いが溢れる。


「…愛してる…愛してる、愛してる、愛してる! 結婚しよう。」

「ん。」

「今すぐ。」

「ん? 今すぐ?」

「役所行くぞ。あいつらが証人だ。起こしてくる。」

「えっ!! いやいや、今何時だと、ちょっと、こらっ!」


時刻は深夜の1時半だ。


「時間が何だ。人生、何が起こるかわからないのはお前も経験済みだろ。今すぐに、俺はお前と結婚する。」


俺はリビングを出て、悠介と順の部屋のドアを強く叩いた。


「わかったからっ、服を着ろ!」



*******



道明寺が順と悠介を起こして、何事かと起きてきた二人にあたしが事情を説明して、二人が飛び上がって喜んでくれて、なぜか道明寺と盛り上がって今すぐ婚姻届を出すことになって、子供達を残していけないから清佳と壮介も起こして、道明寺が呼んだリムジンに6人で乗り込んで、世田谷区役所ナウ。

さっきから夜間窓口に向かって道明寺が叫んでる。
清佳と壮介はリムジンで運転手さんに見守られて夢の中だ。


「おいっ、早くしろ! 婚姻届だ!」


程なくして手渡された婚姻届に、その場でまずは道明寺が記入、捺印を済ませる。
道明寺がそれを悠介に手渡し、悠介が記入し終わったら順に。
そして順から戻された婚姻届を、道明寺はあたしに差し出した。


「間違うなよ。」

「縁起でもない。」


あたしも迷いなく記入していく。
ここまできて足掻くなんてことしない。
後悔は一生分した。
好機は一度しか訪れないってこともよくわかってる。

あたしが記入する一文字一文字を男たち3人が見守ってる。
そしてあたしは最後に捺印をした。


「よしっ!」


道明寺がまた叫ぶ。


「おいっ! 提出するぞ。大事な書類だ。両手で扱えよ!」


相手は役所の人だよ?
わかってるでしょ、そんなことぐらい。

夜間に来るのはこんな寝ぼけたのが多いのか、担当者はピクリとも反応を示さず、事務的に告げた。


「奥様になられる方の戸籍謄本はありますか?」


ん?
コセキトウホン?
このメンバーで婚姻届を提出した事がある人間はいない。
道明寺が結婚したのはNYでだ。


「あの、戸籍謄本が必要なんでしょうか?」


あたしは???を浮かべ顔を見合わせる男ども3人を従えて聞いてみた。


「旦那さんは本籍地も世田谷だからいいんですが、奥さんは国立市でしょ? 国立で本籍地が記載された戸籍謄本をもらってきて、婚姻届と一緒に後日、提出をお願いします。」


そう言って婚姻届を突き返された。

えーと、後ろからドス黒いオーラが漂ってきてんだけど・・・

あたしはできるだけ明るく振り向いた。


「だって! 明日、いや、今日もらってくるから、ね?」


34歳の限界まで可愛く首をかしげてみたけど通じるかな?

…残念ながら通じなかったみたいで、道明寺はスマホを取り出し、どこかに電話をかけ始めた。


「ああ、お休みのところ申し訳ありません。道明寺です。ええ。今、世田谷区役所に婚姻届を提出しに来てまして。ええ、ああ、ありがとうございます。ええ、それで妻の本籍地が国立なんですけど、急なことで戸籍謄本が手元にありませんで。ええ、そうなんです。それでこれは私からの ” お願い ” なんですが、妻の本籍はそちらで調べてもらって、今夜、今すぐに受理していただけないでしょうか。・・・フッ、いえいえ、あくまでも ” お願い ” ですから、無理なら・・・・・ああ、 そうですか。それはありがたいですね。ええ、わかりました。・・・はは、もちろんです。その時はおっしゃってください。はい、では、失礼します。」


17年前の捕物劇が思い起こされる。
あの時は警視総監だった。
今度は・・・・誰!?


「あの、今の電話は?」


まだ道明寺って人間に免疫のない順が尋ねた。
あーあ、聞かない方がいいのに。


「ああ、法務大臣だ。」

「「「 ほっ! 法務大臣!?」」」


あたしも順も悠介も目が飛び出るほど驚いた顔になった。
そしたら次の瞬間、窓口の奥で電話が鳴った。
さっきの当直のおじさんが受話器を取った。

突然、直立になったかと思ったら、次にはペコペコし始めた。
そしたら受話器を手で隠してなんかコソコソ話してる。
そしてまたペコペコと頭を下げてる。

会話が手に取るようだった。
法務大臣からの電話なんでしょ?
口止めに何を頼んだのよ、おじさん。

受話器を置いて振り向いたおじさんは夜中とは思えない笑顔だった。
ハァァ・・・

おじさんはまた窓口に歩み寄った。
道明寺がもう一度、婚姻届を差し出した。


「先ほどは失礼しました。不備? そんなものありませんよ! はい、受理させていただきます。ご結婚、おめでとうございます!!」


おじさんが窓口で頭を下げた。
こんなのでいいんだろうか?
しかし隣の男は見たことのない満面の笑みであたしを抱きしめた。
その笑顔は、18歳のバースデーをフケて船に逃げ込んだとき以上だった。


「つくしっ! 今日から俺もおまえをつくしと呼ぶぞ!」


紆余曲折を経てあたしたちは夫婦になった。
出会ってから18年。
再会してから4ヶ月だ。


「つくし、おめでとう。」

「おめでとう。」


順と悠介はなぜか泣いてるし。


「ちょっと、どうしたのよ。」

「おまえが幸せになってくれて嬉しいんだよ。これで俺たち、やっと肩の荷が下りた。」

「俺たちばかりが幸せで申し訳ないと思うこともあった。それも、お前がくれた幸せだ。だからこうして役に立てて俺たちは感無量だ。」

「やだ、もう、泣かないでよ。」


あたしも涙が出た。
そのあたしの肩を優しく抱いてくれるのはあたしの夫だ。


「悠介、順、今までつくしを守ってくれてありがとう。これからは子供もつくしも俺が守る。家族が増えるがこれからもよろしく!」

「グスッ、つかっさぁん! 俺たちもよろしくお願いします!」

「…おい、その「おやっさん」みたいのやめろよ…」


みんなで吹き出して、大笑いになった。









にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

2019.04.11




ただ今、午前4時

区役所から帰って子供達は順と悠介が寝かしつけて、あたしたちもベッドに入った。
さすがに眠い。
今日は道明寺と順以外は休み。
あと3時間で起床時間。
さあ、寝よう!

って、思ってくれない男がひとり。
背中からあたしを抱きしめて、ずっと下腹部を撫でている。
・・・その気になりそうだからやめてほしい。


「ね、あと3時間で朝だよ? 寝よ?」

「眠れるか! もういい、起きてる。」

「あたしは寝るわよ。ちょっと、眠れないから離して。」

「離さない。」

「駄々っ子か! 怒るわよ! 妊婦を労わりなさいよ。」


ちょっと怯んで腕を緩めた。
でもどうやら興奮が収まらないらしい。


「な、つくし。」

「んー?」

「つくし」

「ん〜?」

「つかさって呼んで。」

「…zzzzz」

「寝たふりすんな!」

「あのさぁ、4時だよ? もうすぐ夜明け。仕事、キツイわよ。眠っときなさいよ。」

「なぁ、」

「ハァ、なに?」

「……どうして怒らなかったんだ?」

「…………」

「怒りもしなかったし、突き放しもしなかった。最初から受け入れてくれたよな。どうしてだ? 家族がいたからか?」

「不安?」

「………そうかもしれない。」


あたしは寝返りを打って道明寺に向き合った。
暗闇の中、迷子の犬みたいな顔になっちゃってる。


「なんで、怒られると思ったの? あたしが怒るポイントってどこだと思うの?」

「忘れたこと」

「それだけ?」

「追い返したこと」

「他には?」

「……………」


道明寺があたしから視線を外して言い淀んでる。
彼女のことに触れたくないからだ。


「海ちゃんのことでしょ?」

「……………」

「あたしが作ったお弁当を海ちゃんが作ったと思ったことでしょ?」


これは道明寺も突き付けられたくなかったことだろう。
一瞬、目をギュッとつぶったのがわかった。


「はは…聞けば聞くほどひでぇな。」


道明寺は仰向けになって、腕で目を隠した。
あたしはベッドに片肘をついて暗闇に浮かび上がるそんな道明寺を見つめてた。


「でもさ、どれもあんたのせいじゃないじゃん。」


道明寺が腕を上げてあたしを見た。


「あんたは悪くない。悪いのはあんたを刺した人。だから裁きを受けた。それで終わったんだよ。あんたが自分を責めるのは違うし、あたしがあんたを責めるのはもっと違うんだよ。」


あたしを見る瞳が見開かれたのがわかった。
あたしもゴロンと仰向けになって天井を見つめた。


「なーんて、カッコイイこと言ってるけど、最初の数年は恨んでたよ。口に出せない悪態も心の中でいっぱいついたし。フフ。」

「……………」

「でもさ、順にさ、あんたの話をした時に、言われたんだよ。あんたが可哀想だって。その時、順はもう悠介を好きだった。でも悠介をストレートだと思ってたから、悩んでた。ううん、悩むなんて生易しいもんじゃない。苦悩、慟哭、悲哀。人ってこんなに苦しむことができるんだって思った。」

「あの順が?」

「そう。今は幸せだから明るいとこしか見せないけど、当時は、ね。その順に、「お前より道明寺さんの方が可哀想だ」って言われた。心底愛した相手を忘れるなんて、俺だったら耐えられない。そのまま死にたい。思い出したくない。だけどいつか思い出すかもしれないなんて、それがいつになるのかわからないなんて、これ以上に残酷な話は聞いたことがないって。」


道明寺も暗い天井を見つめてた。
何も言わなかった。


「それから悠介と順のゴタゴタがあって、二人がパートナーとして生きていくって決めて、あたしが代理母になって、清佳と壮介が産まれて。幸せだった。ずっと笑ってた。」


夜明け前の暗闇。
はっきり顔が見えないからできる話もある。


「でもさ、忘れたことなかったよ。あんたのこと。」


道明寺がこっちを向いた。
手で押し返す。


「恥ずかしいからあっち向いてて。」

「暗くて見えねぇだろ。」

「いいから!」


もう一度、道明寺の視線を外させて続ける。


「幸せを感じるたびにあんたのこと思い出した。道明寺は幸せにしてるかな? って。幸せにしててほしいなって。だから、ずーっと幸せだったから、ずーっとあんたのこと想ってた。」

「その割に、駅で会った時は逃げようとしたよな。」

「逃げてないって。話が終わったから立ち去ろうとしただけ。」

「もっと感動するとかなかったのかよ。」

「あたしだって怖かったんだよ。本当の最後かもしれないって。」

「なんでだよ。」

「あたしを思い出して、ちゃんとケリつけようって現れるかもしれないじゃん。今が幸せだから、中途半端な状態をちゃんと終わらせようって言われるかもしれないじゃん。」

「ありえない。」

「フフ、17年ずっと想ってると、不純物がどんどん濾過されてく。悪い思い出は全部良い思い出に溶けていって、最後は楽しかったことしか思い出せなくなる。」

「赤札もか?」

「ここでそれ言う!? あはは」


道明寺があたしを引き寄せて、横から肩に顎を乗せてきた。
首に息がかかる。


「でもひとつだけ、後悔してることがある。きっとあんたもでしょ?」

「…………ああ、あんなカッコつけんじゃなかったって、記憶戻してからずっと後悔してる。」

「はは、あたしも。怖くても飛び込んでおけばよかったって何度も思った。」

「お前の、相手は………」

「やめよ。過去のことは。それ言い出したら絶対、離婚になる。」

「フッ、かもな。」

「でもさ、あの時してたら、今こうしてないかもよ?」

「どういうことだ。」

「あたしが代理母になったのって、処女のまま子供産めるからなんだよね。もし経験してたら、今頃、別の人と結婚して自分の子供産んでたかも。」

「我慢した甲斐があったってことか。」

「そ。」


首にかかる息が近づいて、首筋にキスされた。


「でも今日は我慢しない。」

「ゆっくりだよ。」

「わかってる。」

「出しちゃダメだからね。」

「は? なんでだよ。」

「子宮を収縮させる成分が含まれてんの。赤ちゃんが苦しくなる。」

「マジかよ。余計な機能持たせやがって。」


あちこちにキスが降ってくる。
逸る気持ちを抑えて、優しく触れてくれる。


愛してる…

愛してる…

愛してる…


伝えたい相手がキスできる距離にいる。
彼の過去も未来もすべてを包み込もう。



もうすぐ7人になるファミリー。
その内、パパが3人になる。
順が「つかっさんパパ」って呼びそうだな・・・ププッ





Let's be a Family! 〜 Recrystallization 〜 再結晶 【完】









*日本での代理母出産は日本産科婦人科学会によって原則禁止されています。(法的拘束力はなし)
また、実際の代理母は経産婦しかなれません。フィクションですのでご容赦ください。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

2019.04.12
 | HOME |