FC2ブログ




牧野の部屋で暮らし始めて1カ月。

再会したあの日から、俺は一度も邸には帰っていない。
ずっと牧野の部屋で暮らしてる。
牧野の部屋で寝起きして、牧野の部屋から仕事に通ってる。
高山も鳥飼も歓迎してくれたし、子供達も「ママの恋人」として普通に受け入れてくれた。


日本支社長に就任した俺の帰宅は毎日、日付を跨いでいる。
時たま悠介や順が起きてることもあるが、基本的に牧野は寝てる。

リビングに入らずそのまま牧野の部屋へ入る。
ベッドサイドの灯りだけが点いていて、部屋にオレンジ色の影ができている。

着替えを持ってバスルームへ。
こんな生活もここに来てからだ。
バスから上がってすぐに服を着ることにまだ慣れない。
特に夏の今は引かない汗に衣類が纏わり付く。
誰も起きてないのに着る必要ないだろ、と上半身はフリーでバスルームを出た。

牧野と暮らす前は、ここで酒の一杯って気分だったが、今は違う。
お楽しみはこれからだ。
牧野は寝てる。
なのにお楽しみ?
最近の俺の趣味は寝てる牧野の肌を触りながら眠ること。

ん?
変態って言ったか?
いや、大丈夫だ。
俺は変態ではない。

髪を拭き、ベッドに入り、ライトを消す。
これで牧野の眠りはさらに深くなる。
起こさないように抱き込み、パジャマのシャツをまくり、絹のような肌を撫でる。
最初はこれだけで我慢して眠ってたんだ。
でも寝てる牧野は文句を言わず、逃げもしないから少しずつ撫でる範囲が広くなり、手が胸に到達するのにそう時間はかからなかった。
胸は撫でるものじゃなく、揉むものだ。
柔らかいそれを手の中で弄んでいると、ある変化が起きた。
いや、それは俺の体にじゃない。
牧野にだ。


「ん…はぁ…ん…」


体を捩って艶かしい声を発する。
でもまだ眠っている。
その声をもっと聞きたい。
俺のララバイだ。
だから手は止めない。

すると牧野はもっと変化する。
こちらに寝返りを打ち、俺の胸に擦り寄り、首に腕を回し、脚を絡めてくる。
でもまだ寝ている。
・・・しかし、これはもう誘ってるよな? だよな?

記憶を戻した時、これからは牧野の願いは何だろうが絶対に叶えてやると心に誓った。
そうかそうか、俺は疲れているがお前の頼みなら仕方ないな。
お前の記憶を失って、17年も放置した罪滅ぼしだ。
お前が求めるものは何でも与えてやる。
たとえそれが俺自身でも。


「ん、あ…はぁん…あん… !!! ど、道明寺!? 何してんのよ!」

「何って、お前が俺にねだったんだよ。俺を。」

「絶っ対、違うっ!! あっ! ああん!」


こうして牧野に請われた夜は罪滅ぼしをしている。
牧野が許してくれるまで、俺の贖罪は続く。



********



「ほんっとに、バカでしょ?」

「お前が覚えてないだけだ。俺に自分から身体を押し付けてくるのはお前だ。」

「絶対に、そんなことない!」


キッチンでコーヒーをサーブする。
ここに住むようになって、自分のことは自分ですることを覚えた。
ダイニングに座って朝食代わりのコーヒーを飲む。

朝の7時半には子供達は登校する。
牧野が出るのは8時半。
俺も牧野に合わせて出勤する。
その1時間がこいつとゆっくり顔を合わせる貴重な時間だ。


「なあ、つくし!」


順がキッチンに入ってきた。


「今月の『パパ達の日』は今週末でもいいか?」

「え! 急だね?」

「ああ、夏はスカウトの忙しい時期だからさ、予定してた再来週は近畿地方の府県に優勝候補の高校を視察に行くんだよ。今週末なら悠介と予定合うから。」

「わかった、いいよ。土日でいい?」

「ああ、いつもごめん。」

「だーかーらぁ、謝るなって! 父子水入らずでしょ?」

「サンキュ。で、えーと、つかっさんはどうする?」


当初、俺のことを「道明寺さん」と呼んでいたが、一緒に暮らすならもう家族だ、と、もっと砕けた呼び方を検討した結果「司さん」になり、順が呼びにくい、と言い出し今では「つかっさん」だ。
「おやっさん」みたいで俺は気に入らない。


「ああ、あとで話しとく。そもそもあの人、家あるから。」

「すまん、頼むわ。じゃ、行ってくる。」

「ん、いってらっしゃい!」


さっきからこいつらの会話についていけない。
『パパ達の日』?


「何の話だったんだ?」


ダイニングから声をかけた俺のところに、牧野はキッチンから自分の朝食を持ってきて座った。


「ああ、んーとね、悠介と順と子供達だけで過ごす日を月に一泊二日で設けてるの。それが『パパ達の日』。ここ最近、忙しくて日程が合わなかったんだけど、それを今週末にって話。その間、あたしは実家に帰るから、あんたも邸に帰って。完全に父子水入らずにしてあげなきゃいけないから。」


概要はわかった。


「お前が実家で俺が邸なら一緒にメープルでも問題ないな。部屋取っとくから。」

「はぁ? やだよ。いつも実家でゆっくりしてんだから、邪魔しないでよ。」

「邪魔なんてしてない。今回は初めて俺がいるんだから、俺とゆっくりすればいいだろ? まだ2人だけで過ごしたことないぞ。」

「ええっと、そうだね、うん、そうなんだけどね、あの、母がね、最近、腰が痛いって言っててさ。家の中のこととか溜まっちゃって私を待ってるんだよね〜。今週末は進も帰ってくるし、久しぶりに牧野家勢揃い! なんつってさ、父も歳だしね〜、あたしが行ってあげて話し相手にでもなってあげないとね!」

「・・・・・・」


こいつが動揺するとよく喋るってことに最初に気づいたのは類だったか。
そしてやましいことがあると目が泳ぐってことに最初に気づいたのは俺だ。

目の前のこいつは、目が泳いでよく喋ってる。
つまり、やましいことが露見しそうで動揺してるってことだ。
ふーん、へー、ほぉ、俺に隠れてやましいことしようとしてんのか。


「そうか、わかった。そりゃお前が帰ってやんなきゃいけないな。ま、俺も急に言われても土曜は休めねぇし。」

「そうだよねぇ。来月の予定は早めに決めてもらうようにするから。ね?」

「ああ、じゃ、来月は2人で出かけようぜ。」

「うん、楽しみにしてる!」


牧野、俺はお前を宇宙一愛してる男、道明寺司だぞ。
牧野つくしの企みが見抜けねぇほど、俺の愛は浅くねぇ。
男と会うつもりだろ。
二股か?
上等じゃねぇか。
どっちが本物か、俺がケリをつけてやるよ。

お前には今日からSPをつける。
土曜を楽しみにしてろよ。






コーヒーを飲み終えカップをキッチンに下げ、迎えに来た秘書と車に乗り込み出勤した。

俺は牧野の部屋に最低限の着替えしか置いていない。
仕事用のスーツはオフィスの仮眠室を改装して収納し、カジュアルで出勤したらそこで着替えている。
今時、CEOでもデニムにタートルの時代だ。ちゃんと着替えるんだから可愛いもんだろ。


「茂木、」


俺はNYから連れてきた、長く俺に仕える秘書に声をかけた。


「はい。」

「土曜の夜の予定はキャンセルだ。」

「会食が一件、入っておりますが、かしこまりました。」


現場に乗り込んでやる。



********



金曜日。
俺はいつものように日付けが変わってからの帰宅だ。
牧野の部屋に入ると、小さめのボストンバッグが目に入る。
外泊の用意だな。
実家じゃねぇだろ。
男とか?
俺じゃない男に抱かれるのか?
・・・いや、そんなことは許さない。

いつものように入浴し、いつものようにベッドに入る。
今夜は肌を撫でるなんて遠回りはしない。


「牧野、牧野起きろ。」


声をかけて起こす。
なかなか起きないことは承知だが、今夜はしっかりと意識のあるこいつを抱きたかった。
肩を揺さぶっていると牧野が半目を開けた。
と、


「道明寺〜、おかえりぃ〜」


寝返りを打ってこちらに向いた牧野は、俺の胸に身を寄せ、顔を上げて喉仏にキスをしてきた。
・・・これは完全にお前から誘ってるよな。


「どうした、甘えてんのかよ。」


もしかして酒でも飲んだとか?
こいつは結構酒に強い。
昔、滋に付き合ってワインをがぶ飲みしてた時もすぐに素面に戻って俺に告白してきたからな。
だからちょっと飲んだくらいじゃ酔わないはずだが。
ま、そんなことはいいか。
俺は牧野にキスしようと顔を覗き込んだ。


「だって明日は別々じゃん」


それって、寂しいってことか?
お前は別の男に会うんだろ?


「だからいっしょにメープルにすればいいんだよ。」

「ん……それは…こんど……さい…ごだか…ら………zzz」

「おい、寝るな!」


なんか引っかかったが、いまはお前をもう一度起こして明日のための「土産」を刻んでやるよ。









にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



2019.04.07




「ギャーーーー!!! な、なによ、これ!!」

「つくし、後ろもすごいぞ。なんか、怒らせたのか?」


顔を洗おうと洗面に入り、ブラトップ姿になって髪を束ねて鏡に写った自分を見て悲鳴をあげた。
首! デコルテ! 胸元!
あちこちにキスマークが散ってる。
夏場だから虫刺され? なんつって、だとしたらあたしはどんな藪に首を突っ込んだのよ!

そこに悠介が入ってきてからかわれた。
あんのエロくるくる野郎!!


「やっぱさ、こんな時が来るかもって部屋の壁を厚くしておいて良かったよな。お前の声、うるさそうだもんな。」

「ちょっ! なんの話よ!」

「17年ぶりに会えた恋人同士か。しかも相手があの男前ならそりゃ毎晩、激しくもなるよな。」


朝の話題じゃないでしょ!

あたしはもう一度パジャマをきっちりと着込んで襟を立て部屋に戻った。
とてもじゃないけど、子供達に見せられない。

部屋に入ってあたしはまだ寝てる男を叩き起こした。


「道明寺! 起きて、起きなさい!」


手が伸びてきてベッドにひきずりこまれる。
あたしに抱きついて胸を枕がわりにまた寝てる。
・・・そりゃね、あたしもこういうとこ可愛いと思ってしまうわけよ。
母親となり、男性経験も経た今は17年前より母性が強くなって、こうして甘えられるのも嬉しかったりする。

クルクルの巻き毛を撫でる。
正直、この人がこの胸に還ってきたことがまだ信じられない。
現実味がない。
朝、送り出して、そのままあたしのもとには帰ってこないんじゃないかと思ってしまう。
だから起きて待っていたりしたくない。
これまでの生活を変えたくない。

何度も夢を見た。
帰ってきてくれて、「もうずっと一緒だ」って言ってくれて、抱きしめてくれる。
でも夢は覚める。
覚めた時の虚しさ。
最初の数年はかなりキツかった。
子供を産んで可愛くて、育児が大変で、何年か見なかったけど、待つ期限と決めた10年目が近づいてまた頻繁に見るようになった。
10年が早く過ぎてほしい気持ちと、まだ来ないでほしい気持ち。
そして10年目を迎えた日、解放されたと感じた。
自分の人生が自分の手の中に戻ってきた。
そんな感慨があった。


「何を考えてる?」


クルクルが喋った!


「…なにも。何も考えてない。」

「俺のことを考えろよ。」

「それは7年前にやめた。」

「・・・やめて、別の男のことを考えるようになったか?」


さあ、起きないと。
クルクルを引きはがし、ベッドから出た。


「仕事でしょ? あたしも10時にはここを出るから。明日は17時以降なら帰ってきて大丈夫。」


着替えを持って部屋を出た。



********



土曜日、オフィスで牧野に付けたSPからの報告を受ける。

10時にマンションを出て実家に帰った。
15時に一度出て近くのスーパーへ。
そして19時にまた出た。


「服装は?」

『スタンドカラーの黒のノースリーブタイトシルエットのワンピースです。髪はアップにしています。』


待ち合わせはバーか。


「どこに向かってる?」

『新宿御苑です。』

「店に入ったらまた報告しろ。」

『かしこまりました。』


牧野、俺にそんな資格がないのはわかってる。
だがな、お前はどこまでも俺のもんだ。


「茂木、俺はオフだ。」


今夜はスーツのままオフィスを後にし、新宿御苑に向かう。
SPからまた連絡が来た。


『店の前で待ち合わせていた男とバーに入りました。』


グッと拳に力が入る。


「わかった。」


店の前に到着し、頃合いを見て店に入ろうと入り口が見える場所に車を停め、出入り口を注視する。
と、入ったと連絡を受けてから程なくして出てきた。
店を変えるのか?
それともこのまま・・・

車を降りようとドアに手をかけた。
が、牧野と男は手を振り、左右に分かれた。
牧野はそのまま大通りに向かって歩き出した。
どういうことだ。

SPが牧野を追う。
報告を待つ。


『タクシーで飯田橋です。またバーに入り、男と話しています。』


なんだと!?
2人目?

報告のあった店に向かう。
様子を伺っているとまた1時間足らずで出てきた。
そして男が牧野を抱きしめ、牧野が男から離れ歩き出す。
男はその後ろ姿を見つめていた。


『次は麻布です。』


まさか、まだいるのか!?

牧野はまたバーに入り、3人目の男とカクテルを1杯飲み、そして男を置いてまた店を出た。


『駅に向かっています。』


このまま帰るか?
俺は駅に先回りして牧野を待った。

信号を渡り、牧野が現れた。
と、そこに一台のポルシェが滑り込んできた。

牧野をエスコートするために降りてきた男に、俺はこいつが本命だと確信した。









にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

2019.04.08




類にはこの17年、支えてもらいっぱなしだった。
道明寺が記憶をなくした直後からあたしが立っていられたのは、100%この人のおかげだと言っていい。

10年待つ決意を伝えた時も、順と悠介の代理母になると話した時も、10年が過ぎて初めて彼氏ができた時も、いつもあたしの決断を支持してくれた。
お互いが魂の一部だと思ってる。
あたしはこの人のことも、道明寺とは違う種類で愛してる。
一生大切な人。


類の運転で夜の首都高を疾走する。
この時間が好き。
通り過ぎるビルの窓窓に人生がある。
灯りが点いてるオフィスビルで働く人は、今夜、どんな気持ちで仕事してる?
家族が待ってるんじゃないのかな?
灯りが消えてる窓では昼間、どんな人々の営みがあるんだろう。
そこにいた人は、今はどこにいるの?

自分には関係のない人生の一瞬に、あたしが掠って消えていく。

いつもはスピードを出し過ぎる類を嗜めるけど、今夜はあたしも駆け抜けたい。
車窓に向けてた顔を隣でハンドルを操る類に向けた。
チラリとあたしに視線を流して、また前を見る。
そのまま薄い唇が下弦を描いた。


「司が戻ってきたんだろ?」

「もう知ってるんだね。」

「支社長就任披露があったからね。記憶が戻ったことはすぐにわかったよ。顔つきが全然違ってた。」

「日本に戻って、すぐに会いにきてくれて、今は一緒に暮らしてる。」

「クククッ、やっぱりあいつは変わってないね。」

「順も悠介もウェルカムって感じで、自分でコーヒーサーブして飲んでるよ。」

「牧野の側ならそのうち料理もし始めるんじゃないの?」

「あはは、そうかも。」

「で、清算できたの?」

「ん、だね。ただの飲み仲間って人もいたし。」

「向こうは期待してただろ。」

「なにを? 結婚とか?」

「でしょ。」

「だとしたら無駄な時間使わせて申し訳無かったな。」

「で? 俺とも今日で最後?」

「んー、夜会うのはね。今度からは昼間にカフェで、だね。」

「スケジュール、調整しないと。」

「お願いします。」




首都高が終わった先には、夜の海が見える場所。

海の向こう岸には工場の夜景。
類と手を繋いで観光客用に設置された柵に近づいて並んで立った。
工場の人工の光も海に反射すると星のきらめきみたい。


「類、17年、ありがとう。」

「楽しかったよ。」

「これからもよろしく。」

「2人いっぺんに面倒みるかな。」

「そうだね。」

「最後だから俺も正直になるよ。」

「ん?」

「司が記憶をなくさなきゃ、牧野とのこの時間はなかった。きっと司はすぐにあんたをさらってただろうから。」

「フフ、かもね。」

「ずっと罪悪感があった。司にも、あんたにも。この状況を喜んでる自分がいたから。」

「そんなもの、いらないよ。「もし」はない。あたしたちの歴史はこれしかなかったから。だから類とあたしがこうしてるのも歴史に織り込み済みなの。」


類があたしに振り向く。
どちらからともなく向き合って、ギュッと抱きしめられる。
あたしも出会ってからのすべての感情を込めて抱きしめた。


「俺こそ17年ありがとう。」


類のビー玉みたいな瞳に夜景の光が反射してる。
その瞳の奥にある感情をあたしは知ってる。
でもね、類、あなたもわかってるでしょ?
これはまた新しい関係の始まりだって。
その証拠に類は優しく微笑んだ。


「これで儀式は終わり。そろそろ真夜中だ。野獣の遠吠えが聞こえないうちにあんたを返さないと。」


類があたしを腕の中から解放して視線を上げた。
視線の先に振り向く。


「道明寺…」


類があたしの手を取り、差し出した。


「司、返すよ。」


道明寺が類からあたしを受け取った。


「…17年、世話んなったな。」

「これからはお前もまとめて面倒見てやるよ。」

「クッ、ぬかせ。」


2人は目配せして、同時に背を向けた。
あたしは道明寺に手を引かれ車に乗り込んだ。



********



「どこから見てたの?」


後部座席に並んで座り、その美貌とも形容される横顔を見つめた。


「新宿御苑」

「プッ、最初からじゃん。」

「これで綺麗さっぱりか?」

「ん。もういない。」

「ゴネたやつ、いなかったのか?」

「ゴネてもらえるほど、愛せた人はいなかった。」


不意に大きな手が、あたしの後頭部を引き寄せた。


「…ん……」


体の芯まで蕩けさせるキス
蕩けて、痺れて、火がつく
唇が離れて、額を合わせた。


「こんな顔を見せてたのか?」

「見せてないよ。」

「俺には見せてる。」

「あたしに火をつけるキスができるのは、一人しかいないから。」


美しい顔を両手で引き寄せる。

あんたに火をつけられるのも、あたしだけでしょ?




そのままメープルになだれ込み、互いの火を合わせた。
小さかった炎は二人合わさって火柱となり、17年の隔たりを焼き尽くした。





********





今夜も俺の帰宅は日付けを超えている。
シャワーを浴び、ベッドに入る。
牧野を引き寄せ抱き込む。
そしてそのすべらかな肌を撫でる。
牧野がこちらを向く。


「おかえり。」

「ただいま。」


牧野が俺の肌を撫でる。
お前も趣味だったか。
俺たちは気が合うな。

やっと互いが互いだけのものになった。
そう、あの時のように。

ここからもう一度、始めよう。






Let's be a Family! 〜 Recurrence 〜 再燃【完】










にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

2019.04.09
 | HOME |